年金受給のみでプロミスの利用は可能なのか?

プロミスを利用する場合に必須となる条件には年齢と安定した収入というものがあり、これを満たせない場合には審査対象外となってしまいます。プロミスの定める基準は年齢が20歳以上69歳までとなっており、仕事をして安定した収入が確保できている事が条件です。

 

 

利用条件を満たしていない場合の申込みは無駄であるといえます。


その為年齢が20歳以下の場合でも69歳以上の場合でも利用することが出来ませんし、無職で収入が無い場合にも審査の対象外となります。安定した収入というのは基本的にアルバイトやパート、正社員などで働いており、その労働により収入を得ていることを指します。

プロミスから見た年金受給で得た収入の判断

では年金受給で生活をしている場合にはどうなるのかといえば、年金受給に関しては一見安定した収入が確保できているように見えますが、年金自体が働いたことによる収入ではない為、幾ら

 

 

年金受給額が多くてもプロミスの定める審査基準を満たしていない事になります。


その為、年金受給のみでの申し込みに関しては審査を受けることが出来ないと言うことになります。では年金受給を行ないながらアルバイトでの収入もある場合はどうなのかといえば、

 

 

パートで働いているんだけどねぇ・・・


年金受給者でも利用できる可能性があるのは働いて得た収入がある年金受給者だけ

このケースは年金だけでなくアルバイトでの収入が別途確保できていると言うことになるため、単に年金受給のみで生活をしているのとは大きな違いがあります。その為、

 

 

アルバイトやパートでの収入がある場合はプロミスの定める申込み条件を満たすことになります


ので利用することが可能となります。但し、アルバイトの収入がある年金受給者の場合でも、年齢が69歳を超えている場合には安定した収入という面においては問題ないのですが、年齢制限をクリアできないのでやはり利用することは不可能という事になります。

 

 

年金収入だけでは利用できないっていうことだね・・・


その為、年金受給者でプロミスの利用が可能となるケースは60歳〜69歳の間で年金受給を行っており、尚且つアルバイトやパートと言った労働による収入を得ている場合のみ、審査の対象となり利用することが可能になります。

 

この場合、利用していて69歳を超えた場合にもプロミスの利用が出来なくなるのでその点にも注意をしましょう。