プロミスの審査受付何時まで?何時から何時までなら即日融資可能?

 

プロミスの審査受付何時まで?

プロミスに申込む限りは、その日の内に融資を受けたい方は大半です。急がない融資を希望であれば、銀行カードローンも検討範囲内に入ってきますが、即日融資が銀行カードローンではできないので、どうしても大手カードローンのプロミスを選択します。

 

 

即日融資で重要なのはまず審査が受付何時までなのか?ということです。


もちろんそれ以外の問題もありますが、プロミスの場合は融資方法が多彩なので、一番の問題は審査が受付何時までなのかということになります。

 

 

プロミスの審査が受付は9:00〜21:00です。


まずこの時間内に申込むことが重要となってきます。

プロミスの即日融資可能な申込時間は何時から何時まで?

プロミスの審査が受付は9:00〜21:00までですが、

 

 

では即日融資可能な申込時間は何時から何時までなのか?


と言うともちろん9:00〜21:00までということになりますが、アコムやSMBCモビット、アイフルなどの大手カードローンでも審査受付時間はほぼ同じですが、即日融資可能な時間は変わってきます。

 

 

その中でプロミスが即日融資に一番有利だと言うことを説明します。


 

まず審査受付時間内に申込んで審査が進んでも、勤務先の会社が営業していなければ、在籍確認が取れずに契約が完了しませんので、融資は勤務先の翌営業日まで延期になります。

 

 

しかしプロミスの場合、勤務先の営業時間が過ぎても、電話連絡以外の在籍確認を相談できるので即日融資も可能です。


 

遅い時間に申込むと、大抵のカードローンはこの在籍確認で即日融資に躓いてしまいます。プロミスなら他の方法で確認する相談ができるので、会社の営業が終わってしまっていても即日融資を諦める必要はありません。

遅い時間からの申込での即日融資に有利なプロミス
プロミス 【最短1時間融資】
SMBCコンシューマーファイナンス


プロミスレディース

勤務先の営業時間が終わっていても電話連絡とは別の在籍確認の相談可能!

  • アプリローンでカードなしでセブン銀行ATMで借入可能
  • 振込融資も全銀システムの稼働時間拡大に対応しているので原則24時間可能
  • 全国に約1,380台(2019年1月現在)の自動契約機で即日カード発行
  • 初回30日無利息サービス(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録)で利息軽減
実質年率 4.5%〜17.8%
借入限度額 最高500万円

全銀システムの稼働時間拡大に対応しているのでプロミスでは原則24時間振込融資可能

 

このほど全銀システムの稼働時間が拡大して、メガバンクやと地方銀行などの全銀システム加盟している銀行の振込時間が原則24時間になりました。

 

 

これに対応しているカードローンであれば原則24時間振込融資可能。プロミスも対応しているので契約完了すれば即日振込可能になります。


全銀システムの稼働時間拡大他社対応状況
アコム 対応
SMBCモビット 対応
アイフル 未対応
レイクALSA 未対応

(2019年8月現在)

全国に多数ある自動契約機で即日カード発行も可能

 

契約が完了すれば、自動契約機を持つカードローンはカードをしにいくことができますが、

 

 

プロミスは全国に約1,380台(2019年1月現在)と業界最多です。


他社自動契約機台数
アコム 約1,041台(2018年4月現在)
SMBCモビット 約646台(三井住友ACMを合わせた数字で2019年1月現在)
アイフル 約911台(2018年4月現在)
レイクALSA 約763台(2018年4月現在)

 

多ければ多いほど、近くにある可能性は高くなるので、多いプロミスを選ぶのが必然になってきます。