消費者金融の審査に通りたくてもやってはいけないこと

消費者金融の審査に通りたいけれど?

消費者金融でお金を借りたい、そう考えて融資を申し込む人はたくさんいることでしょう。こうした人たちにとって不安なのは、やはり審査に無事に通るかどうか、ということではないでしょうか。

 

毎月安定した収入があれば融資を申し込むことは可能であっても、それで審査に通るかどうかというのはまた別の話ですので、審査の結果というものは申し込んでみないことにはわかりません。ただし、審査に通りたい、とにかくお金が必要というあまり

 

 

やってはならない行動というものもあります。


ここではそんな審査に通りたいという理由でやるべきではないことについて考えてみましょう。

審査がない業者から借入を受ける

お金を借りるうえで、審査がないというのは一見するととてもありがたいことのように思われがちですが、実際にはこれはとても危険なことです。世の中には、審査がない、あるいはそれに近い状態で融資を行っている業者というものがありますが、こうした業者の場合は

 

 

違法な金利で貸付を行っている場合がほとんどです。


これらの業者はいわゆる「闇金」と呼ばれる業者であり、適用される金利についても違法なものとなっていますので、そんなところから借入を受けてしまうと、その後の利用についても全く安心できることではありません。

 

また、そもそも融資を行うということ自体が詐欺だというケースもありますので、審査なしでお金を貸してもらえると思って申し込んだものの個人情報だけ取られてしまい全く融資を受けられないといった可能性すらあります。

 

お金が必要だからと焦ってこうした業者に申し込まないようにしましょう。

虚偽の情報で申し込まない

お金を借りるうえで、安心して利用することを考えるのであれば、やはり大手の消費者金融業者に申し込むという人も多いかもしれません。そんな場合、誰もが思うのが審査に通るために自分を良く見せよう、というものです。

 

たとえば実際には数件の業者から借入を受けているのに既存の借入はないと偽って申し込んだり、年収の高い職業に就いていると装って申し込むことなどがそれにあたります。しかし、こうした嘘の情報で申し込んだ場合というのは

 

 

消費者金融の審査には必ず通りません


ので、審査に通りたいということであれば必ず事実に基づいた内容で申し込むことが大切です。嘘をついて消費者金融からお金を借りた場合というのは詐欺行為にあたりますので、事実と異なる情報で申し込むことのないようにしましょう。