消費者金融の審査と年齢制限

消費者金融の年齢制限

消費者金融では融資を行うにあたって審査を行い返済能力を判断しています。この審査に通らなければ消費者金融でお金を借りることができないという仕組みですが、この審査に申し込むにあたっての条件として年齢制限が設定されている場合がほとんどです。

 

上限の年齢については消費者金融業者によってまちまちの設定となっていますが、ほぼすべての業者で20歳以上でなければ審査に申し込むことができなくなっています。つまり、消費者金融でお金を借りるためには

 

 

安定した収入に加えて融資が可能な年齢の範囲である事が条件となっているのです。


消費者金融の審査で年齢制限がある理由

消費者金融が融資を行う最も大きな理由は、融資を行った相手が返済をしてもらえるかどうか、ということを調べるためです。

 

実際に審査を行う前に年齢制限を設けている理由もそれに関係しており、たとえば未成年者の場合は保護者がその契約を解除することができることから、融資を行っても契約そのものをなかったことにされてしまいます。

 

また、消費者金融の審査では融資を行うことができる上限の年齢についても条件が設定されていますが、この点についても返済能力を確認するための材料となっています。消費者金融の審査では安定した収入を得ていることが必須ですが、

 

 

高齢になってくると安定した収入を得ること自体が難しくなっていきます


し、年金だけでは安定した収入とは判断されないためです。こうした様々な理由もあって消費者金融の審査では融資を行う年齢の範囲を定めています。

年齢制限に近い人の審査基準

消費者金融の審査に申し込んだ段階で、その業者の定める年齢の範囲がギリギリだったという人の場合、審査基準ではやはり融資を行う金額が最も慎重な判断をされるところとなります。

 

特に高齢者の場合は先ほども説明したように安定した収入を得ることそのものが難しいという状態のため、返済能力についても微妙なところかもしれません。また、20歳になったばかりの人というのも、収入の安定性については問題ないかもしれません

 

 

収入の金額についてはそれほど高額ではない場合がほとんどです。


こうした様々な事情を考えると、実際に消費者金融からお金を借りることができる金額についてもあまり高い金額での申し込みは避けたほうが良いでしょう。消費者金融の審査でもこうした事情を踏まえて行われますので、それを見越して申し込むことが大切です。