消費者金融の限度額を増やすには?

消費者金融の限度額を高くする場合のメリット

消費者金融で利用することができる限度額を増やすことを増額といいます。この増額については様々なメリットがあり、中でも最大のメリットといえるのが借入件数を増やすことなく借入金額を増やすことができるという点です。

 

複数の消費者金融業者から借入を受けている場合というのは、返済日もその業者の数だけで必要となりますが、増額の場合は借入件数は変わりませんので返済日についても増えることがありません。また、増額を受ける場合というのは

 

 

手続きが簡単で時間もそれほど長く必要ではない


という点も見逃せないポイントとなります。既に個人情報の提出は完了していますので、こうした情報に変更がない場合は特に書類のやり取りも必要なく、すぐに審査が完了するためです。

消費者金融の増額審査で確認されること

消費者金融で増額を申込んだ場合、審査で確認されるのはどのぐらいの期間取引をしているか、という点です。増額をするかどうかの判断については、既存の取引がどの程度の期間あるのか、ということが重要となりますので、

 

 

少なくとも半年以上は取引実績があるということが大切です。


そのため、初回の契約が完了してすぐに増額を申し込んだとしても増額審査には通ることはできないと考えておいた方が良いでしょう。増額審査で重要なことは、融資を行った相手が無事に返済できるかどうかを判断してもらうことです。

 

取引期間が長くなれば、その間の返済実績などについても十分判断することができますが、短い場合はその判断も難しいことから、ある程度の期間取引実績があることが増額審査では重要となります。

増額審査に通らない場合

消費者金融の増額審査では、取引期間が長いからという理由だけでは評価されません。これまでの取引期間中に返済の滞納があった人や、他の業者から借入を受けていてその分についても滞納があった人も審査に通らない要因となります。また、

 

 

消費者金融の場合注意したいのが総量規制の存在です。


総量規制では年収の3分の1を超えて融資を行うことができませんので、増額をした結果借入を受けることができる限度額の範囲を超えてしまう場合は増額を受けることはできません。逆に取引期間で全く問題がないという人については、

 

 

増額審査でも評価が高くなります


ので、限度額を増やしてもらえる可能性が高くなります。もちろん増額を受けた後も遅れないように返済を進めていくことが大切です。