クレジットカードの利用履歴と審査の関係

クレジットカードの利用履歴について

消費者金融の審査では個人信用情報機関に登録されている信用情報を参照して申し込んできた人の過去の経歴を確認します。この個人信用情報機関に登録されている情報の中には

 

 

クレジットカードの利用履歴も保持


されており、消費者金融の審査ではこの部分についても確認が行われることになります。クレジットカードと消費者金融は一見するとあまり関係がないように思われがちですが、実は審査においては深いつながりがあります。逆にクレジットカードを発行する際の審査においても消費者金融からの借入の有無の確認も行われますので、それぞれの情報は審査では重要な意味があるということになります。

クレジットカードの利用履歴は共有される

個人信用情報機関は単一の機関というわけではなく、現在日本では、

 

 

  • JICC
  • CIC
  • JBA

といった3つの信用情報機関が存在します。このうち、主に消費者金融業者が加盟しているのはJICCであり、クレジットカード会社は主にCICに加盟しています。つまり、クレジットカードの利用履歴はCICに登録されており、

 

 

消費者金融が加盟するJICCとは異なる機関が保持しているということです。


たとえば消費者金融に融資を申し込む際には、こうした個人信用情報機関に情報を登録することに対して同意する必要があります。これはクレジットカードを発行してもらう場合も同じですが、正確にはこれらの個人信用情報機関は別の機関となります。しかし、

 

 

それぞれの情報機関では登録されている情報が共有されています


ので、クレジットカードの利用履歴についても消費者金融業者が審査で確認することが可能なのです。

クレジットカードの履歴の審査への影響

消費者金融の審査で確認されるクレジットカードの利用履歴ですが、主に審査基準となるのが過去の支払状況です。ここでは延滞があったかどうかということももちろんですが、そもそもクレジットカードを持っているかどうかということも重要な情報となります。

 

というのは、クレジットカードを持っていない人の場合は過去に金融事故などを起こしてこうしたカードの発行ができないというケースもあるためです。もしも過去にクレジットカードの利用履歴があればともかく、そうではないのであれば

 

 

金融事故の有無についても調べる必要があります。


こうした審査での確認項目にも関わってきますので、クレジットカードの利用履歴は重要な情報となっています。