消費者金融の審査で評価が異なる職業

消費者金融の審査と職業

年収の金額が高くても、職業や雇用形態が原因となって消費者金融の審査に通らないといったケースもあります。基本的には消費者金融の審査ではいわゆる職業差別というものがあるというわけではありませんが、実際の審査において

 

 

評価が低くなる職業というものは少なからず存在します。


また、現在の勤務先における雇用形態についても同様であり、雇用形態によっては消費者金融の審査に影響することがあります。これは消費者金融の審査が収入の安定性を重視しているためであり、雇用形態によっては収入が不安定であるケースがあるためです。

消費者金融の審査で評価が低くなる可能性のある職業

消費者金融の審査では、先述の通り職業差別というものはありませんので、ある特定の職業に就いているからといってその理由だけで審査に通らないということはありません。ただし、

 

 

一般論として離職率の高い職業・・・


というものは消費者金融の審査でも評価に影響することがあるようです。具体的には

 

 

  • パチンコ店の店員
  • 水商売のスタッフ

などが消費者金融の審査でも慎重な判断をされる傾向にあります。また、

 

 

  • タクシー運転手
  • トラックのドライバー

なども同様に消費者金融の審査では少し評価が分かれるところかもしれません。こうした職業の人たちは、収入は多いものの月によって金額が大きく異なりますので、その意味では収入が不安定な職業といえるためです。

 

これらの職業に就いているという理由だけで消費者金融の審査に通らないというわけではありませんが、評価でマイナスになる可能性があることは理解しておくと良いかもしれません。

職業によって評価が低くなる理由

消費者金融の審査では返済能力を重視しますが、それを判断するための材料となるのが

 

 

  • 収入の安定性
  • 連絡のつきやすさ

です。消費者金融で融資を申し込む場合の条件として、毎月安定した収入を得ていること、というものがありますが、これは融資を受けた後の返済は毎月の収入から進めることになるためです。

 

また、返済が遅れた場合に連絡がつきやすいかどうかというのも返済能力を確認する上で重要な情報となりますので、

 

 

日中・夜間を問わず連絡がとりにくい仕事をしている人の場合は・・・


消費者金融の審査でも不利な材料となります。ただし、これらの職業に就いている人であっても、勤続期間が長い人の場合は信用度も高くなりますので、消費者金融の審査で必ずしも不利になるということはありません。