消費者金融の審査と家族構成の関係

家族構成が消費者金融の審査に影響する?

消費者金融で融資を申込んだ場合、その申込書類には家族構成を記入する欄があります。何らかの目的でお金を借りる必要がある場合、ほとんどの人は家族に内緒でお金を借りようと思うものです。

 

 

何故、家族構成が必要なのかなぁ・・・


ところが消費者金融で借入を申し込んだ場合、家族構成を記入する必要がありますので、もしかすると審査に影響するのではないかと不安に感じる人もいるのではないでしょうか。この点については、

 

 

実際には審査よりも融資を行った後の返済に関係している


といえます。家族構成を把握しておくことで、返済が滞納した場合などに回収できる可能性を確認することができますので、ある意味念のため、といえるかもしれません。

家族構成における消費者金融の審査基準

家族構成を消費者金融の審査ではどんな基準で判断しているのかということですが、まずは家族と同居しているかどうか、という点が評価の対象となります。消費者金融の審査においては、

 

 

家族と同居している人の方が・・・


評価が高くなります。これは、もしも返済が滞納した際に家族と同居している人のほうが一家全員で逃げ出すことが難しいから、という理由もありますが、家族と同居している人はそれだけ返済能力が高いと判断されやすくなります。

 

消費者金融への返済が滞納したことがきっかけで夜逃げを考える人は今では少数なので、それ以外の要因となるのが同居している人がいれば本人に代わって返済してもらいやすくなる、という点です。確かに学生などの場合は

 

 

返済できなかった場合に親が代わりに払う


といったケースもありますので、同居している家族がいた方が消費者金融業者にとっては安心といえるかもしれません。

一人暮らしは審査で評価が低くなる?

家族と同居している方が消費者金融の審査でも評価が高くなるのなら、では一人暮らしは逆に評価が低くなるのかといえば実際にはそれほど気にする必要はないでしょう。確かに

 

 

  • 一人暮らしをしている人
  • 同居人がいる人

とでは、消費者金融の審査でも評価に違いはありますが、それだけの理由で審査に通らないということは基本的にはありません。大切なことは、家族構成の部分が消費者金融の審査に影響すると邪推し、埋めなければいけない欄を空欄で登録したり、あるいは

 

 

事実と異なる情報で申し込んだりしないということです。


審査でも大きく影響する部分ではないかもしれませんが、消費者金融の審査への申し込み内容であることを忘れないようにしましょう。