消費者金融の審査と総量規制

総量規制って何?

消費者金融を利用してお金を借りたい、そう考える人にとっておさえておきたい知識といえるのが総量規制という規定です。これは2010年に改正された貸金業法の一環として導入された規定であり、消費者金融をはじめとする貸金業者から

 

 

お金を借りる場合には年収の3分の1までの範囲内と定めたものです。


つまり、年収300万円の人が消費者金融を利用してお金を借りるためには最大で100万円まで借入ができるということになります。総量規制の規定が導入される以前は消費者金融からお金を借りる場合でも年収に関係なく借入可能な限度額が決まる事はありませんでした。

 

 

この総量規制の目的は・・・


消費者金融から借入可能な金額に制限を加えることで多重債務者を救済することにあり、年収の3分の1まで、と定めているのも現実的に返済可能な金額を設定したと考えることもできます。

総量規制の対象となる消費者金融

総量規制の規定を定めた貸金業法が規制するのは、その名の通り貸金業者です。そのため、総量規制の規定が適用される業者となるのは消費者金融業者の他に、クレジットカード会社や信販会社となります。

 

 

総量規制の規定が適用されるのは・・・
;


消費者金融だけでなくクレジットカードのキャッシング枠なども含まれることになりますので、既にクレジットカードのキャッシング枠でお金を借りているという場合にはそれだけ他の業者から借りることができる金額も少なくなるということです。

 

また、その逆もありますので、消費者金融から多くの金額を借り入れている状態の場合は、他の業者から融資を受けられる限度額も少なくなります。なお、銀行は貸金業法で規定されている貸金業者とは異なりますので、総量規制の対象ではありません。

総量規制の除外と例外

総量規制では年収の3分の1を超えてもお金を借りることができる

 

 

  • 除外
  • 例外

の規定が盛り込まれています。除外される場合には、主に住宅ローンや自動車ローンなどのように大きな金額の買い物をする場合や、不動産を担保としてお金を借りる場合などです。総量規制の例外では、

 

 

  • 利用者にとって有利となる借り換え
  • 緊急の医療費

が必要な場合に借入を受ける場合などが適用されます。こうした条件に当てはまらない場合については消費者金融でお金を借りる場合は総量規制の範囲内で融資が行われることになります。

 

消費者金融の審査で年収の金額や既存の借入金額・件数を確認されるのも、こうした総量規制が関係しているといえるでしょう。