消費者金融の審査と個人信用情報機関

個人信用情報機関とは?

消費者金融の審査では、個人信用情報機関に情報を問い合わせて申し込んできた人の返済能力を判断しています。この個人信用情報機関とは、個人や企業が消費者金融や銀行などの金融機関から

 

 

  • 借入を受けた金額
  • 返済状況

などといった情報を集めて管理している機関です。個人信用情報機関に登録されている情報には、過去にカードローンを利用したかどうかはもちろんのこと、実際に利用していなくても申し込んだ段階で情報が登録されますので、

 

 

消費者金融の審査では・・・


カードローンの利用経験の有無についての情報を確認する際にも利用されます。つまり、実際にはカードローンを利用していてもその事実を隠して消費者金融に申込んだ場合でも個人信用情報機関に情報を確認されてしまうとその事実は伝わってしまうという仕組みです。

消費者金融との取引履歴はどのくらい残る?

個人信用情報機関が収集・管理している取引履歴については一定期間データとして残り保管されます。消費者金融業者など、

 

 

個人信用情報機関に加盟している業者は・・・


審査において登録されているデータを照会して過去または現在の借入や、その返済状況などを確認することができます。たとえば消費者金融業者を利用して借入を受けた場合、個人信用情報機関に登録される情報は取引終了から5年間保管されます。

 

この取引終了とは、完済したタイミングではなく消費者金融業者との契約が終了した段階ということですので、個人信用情報機関に登録されている取引履歴を更新したい場合には完済したらできるだけ早く契約を解約するようにすると良いでしょう。

返済の履歴も個人信用情報機関に登録される

個人信用情報機関には、カードローンの返済履歴も登録されますが、ここには当然ながら返済の滞納があったという情報も登録されるということになります。滞納の履歴が残る期間は、個人信用情報機関や借入を受けるカードローンによって異なりますが、

 

 

基本的には取引終了から最低でも5年は残る・・・


と考えておいた方が良いでしょう。こうした返済状況というものは消費者金融の審査でも特に重視される情報となりますので、過去にカードローンで滞納などをした経験のある人はこうした情報が審査でも筒抜けであることを理解しておきましょう。

 

個人信用情報機関に情報が残っている間に消費者金融の審査に申し込む場合には、現在の自身の状況はもちろんのこと、過去の履歴についてもできる限り見直しておきたいところです。