消費者金融の審査が早く終わる人・長引く人

消費者金融の審査時間

消費者金融の審査はインターネットをはじめ、様々な方法で申し込むことができます。審査基準というものはどんな方法で申し込んだとしても基本的には変わりませんので、審査に必要な時間についても方法によって変わるということはありません。

 

 

審査の時間ってどれくらいかなぁ・・・


但し、申し込んできた人によって確認する内容は異なってきますので、

 

 

審査に必要な時間については人それぞれ異なります。


審査時間が早く終わる人もいれば逆に時間が長引く人もいますが、そこには様々な要因が関係しています。

審査が早く終わる人

消費者金融の審査が早く終わる人というのは、確認する内容が少ない場合、あるいは確認した内容に問題がない場合です。例えば、

 

 

他社からの借入がない人の場合は・・・


その分の返済状況をはじめとする利用状況を確認する必要はありません。この点は、個人信用情報機関に登録されている情報を照会することですぐに確認できますので、他社からの借入がない人についてはそれ以上の確認をせずに次の審査項目に移ります。

 

また、他社からの借入があったとしても、その借入金額が総量規制の定める限度額の範囲内であり、返済状況についても問題ない場合も確認する時間が短くなります。このほか、

 

 

勤務先への在籍確認でも問題なかった場合には審査が早く完了します。


このように、審査が早く終わる場合というのは確認する項目に問題がないケースなのです。

審査時間が長引く要因

審査に必要な時間が長くなる要因となるのは、審査で確認しなければならない項目が多くなる場合です。中でも代表的なケースとしては、融資を申し込んだ金額が高額の場合ですが勿論それだけではありません。

 

他社からの借入がある場合で、その分についての借入残高の推移があまり順調ではない場合などが、そのケースに該当します。

 

 

借入残高が順調に推移していない場合は・・・


当然ながら返済状況についても何らかの問題があるのではないかということになります。

 

 

  • 毎月の返済状況はどうか
  • 滞納などはしていないか

ということを確認し、もしも滞納などがあった場合にはそれ以外の項目についてさらに確認を進めることになります。また、勤務先への在籍確認についても審査時間が長引く要因のひとつです。

 

在籍確認を行ったものの確認ができなかった場合というケースもありますので、このような場合はそこで審査がストップします。このように審査に必要な時間が長くなる場合というのは、何らかの問題があり審査で確認しなければならない項目がたくさんある場合です。