消費者金融の審査と適用される金利

消費者金融の金利

消費者金融で融資を受けるにあたり、いくら借りることができるか、ということについては審査のうえで決定されます。そして、融資を受けた金額に応じて消費者金融では金利を計算し、それによって計算された利息を含めて返済してもらうという流れです。

 

 

消費者金融で適用される金利については・・・


実際に融資を行う金額によって変動する仕組みとなっており、高額の融資を行うごとに適用される金利も低くなっていくという場合が一般的です。融資を行う金額については審査で決定されますので、適用される金利も審査で決まると考えておいて良いかもしれません。

消費者金融の審査と金利

初めてその消費者金融業者を利用してお金を借りる場合というのは、まだその業者との間で信用度が高くはない関係から適用される金利についてもその消費者金融業者で設定される上限金利となります。

 

同じような理由から、審査でも融資を行う金額についてはそれほど高額ではない場合が多く、そのため適用される金利についても必然的に高い金利が設定されます。勿論この金利については、その後の消費者金融業者との取引によって状況が変わる可能性はあります。

 

返済を遅れることなく続けることで、その人は信用できる人だと認識してもらうことができれば、その後限度額の増額を受けられる可能性もありますし、その結果低い金利が適用されるといったケースもあるかもしれません。ただし、

 

 

増額が可能かどうかについても審査の結果決められる


ことですので、金利についてもそれに応じたものとなります。

消費者金融の金利は高い?

一般的に、消費者金融を利用してお金を借りる場合に適用される金利は高い利率設定であるとされています。

 

確かに銀行などからお金を借りる場合に比べると消費者金融の金利は高めの利率である場合が多いのですが、返済時に支払う利息に関係していることを考えると、金利は低いに越したことはないでしょう。この点は消費者金融が誰でも手軽に利用できる点に加えて

 

 

土日や祝日でも審査ができる


という業者側の事情も関係しているといえます。また、手軽に利用することができる反面返済されないリスクもそれなりに高いことを考えると、消費者金融の金利が高いのはリスクヘッジの一種ともいえます。

 

消費者金融ならではの利便性の高さとサービスを受けるために必要なコストとして高い金利が設定されていると考える事もできます。