過去のカードローンの利用履歴と審査との関係

消費者金融の審査で必ず確認されるカードローンの利用履歴

消費者金融の審査では、過去にカードローンを利用したことがあるかどうかということについては必ず確認が行われます。これは、過去のカードローンの利用状況というものを通じて実際に融資を行った場合の返済イメージを確認することができるためです。また、

 

 

消費者金融の場合融資を行うにあたって総量規制の既定が適用されます


ので、融資可能な金額は現在の借入金額の残高に応じて変動します。そのため、過去に消費者金融などから借入を受けていた場合にはその分が返済されているかどうかが審査でも重要な判断が必要となってきます。

 

こうした理由もあり、過去にカードローンを利用した事があるかどうかという履歴については消費者金融の審査でも重視されています。

カードローンの利用履歴は無いほうが有利?

消費者金融の審査では、過去にカードローンを利用したことがあるかどうか、あるのであればその際の返済状況はどうだったか、ということを確認します。過去にカードローンの利用した履歴がある場合、その分に対して完済していれば

 

 

消費者金融の審査でも評価は高くなります。


そのため、カードローンを利用したことがあるという履歴の内容によっては消費者金融の審査でも評価が変わり、過去に利用したことがあるという履歴が必ずしも消費者金融の審査で有利になるとは限りません。

 

もちろん過去にカードローンを利用した際の返済状況で滞納などがあった場合には、それだけ消費者金融の審査でも評価が低くなってしまいます。消費者金融の審査では、融資を行った相手が無事に返済してもらえるかどうかを確認します。

過去の履歴を消費者金融の審査で確認される理由

過去にカードローンを利用してお金を借りたことがあるという人の場合は、実際に融資を行った後の返済についてもよりリアルに利用状況をイメージすることができることから、この点は消費者金融の審査でも必ず確認される項目となっています。たとえば

 

 

完済したという実績のある人については・・・


今回の融資についても同様に完済してもらえる可能性が高いと判断できますし、逆に滞納などを繰り返しながらまだ利用中ということであれば今回も同様の結果になると考えることができます。

 

また、カードローンの利用というものは少し特殊な取引ですので、過去に利用したことがあるという人であれば、それほど違和感もなく利用ができるというケースもあります。こうした理由もあり、消費者金融の審査では過去のカードローンの利用を確認しているのです。