審査に通りにくくなる申し込みブラックとは?

申し込みブラックとは?

消費者金融の審査では、申し込みブラックという概念があります。これは、一定の短い期間中に複数の業者に申し込みをしたために消費者金融などのカードローン業者の審査に通りにくくなっている状態のことをいいます。

 

消費者金融を利用したいと思っている人というのは、何らかの理由があってお金が必要な状態であることに変わりはありませんが、審査を受けたものの融資を受けることができないという結果になる可能性もあります。

 

また、最初に申し込んだところで必要な金額の融資を受けることができなかった場合もありますが、こうした場合に

 

 

複数の業者に短い期間で申し込みを続けた場合・・・


申し込みブラックという状態になってしまいます。この状態では消費者金融の審査でもかなり評価が低くなりますので、申し込みブラックにならないように申し込むための方法を考える必要があります。

申し込みブラックになるのはどんな時

消費者金融の審査では、個人信用情報機関に登録されている個人の信用情報を参照して返済能力の有無を判断しています。この個人信用情報機関には過去のカードローンの利用実績はもちろんのこと、消費者金融やカードローンに申し込んだ実績についても

 

 

リアルタイムで登録されます。


個人の信用情報は消費者金融業者間で信用情報機関を通して共有されていますので、ある業者で審査に通らなかった場合、その情報は別の消費者金融業者でも伝わっているということになります。

 

短期間のうちに多くの業者に申し込んで断られている場合、それだけ信用ができない人だということになりますし、断られていない場合でも短期間で多重債務者になるため審査では慎重な判断をされます。この状態がいわゆる申し込みブラックという状態です。

申し込みブラックを回避するには?

もしも申し込みブラックを避けて複数の消費者金融業者に融資を申し込みたい、ということであれば、短期間のうちに申し込みをしないという対策が最も簡単で有効な方法といえます。申し込む件数については多くても3件まで、期間については

 

 

少なくとも1ヶ月は間を置いた方が良いです。


消費者金融の審査では、その人のもっている信用情報がとにかく重視されますので、申し込みブラックのようにいたずらに評価を下げるような事態はできれば避けたいところです。

 

時間を置いて融資を申し込むことで申し込みブラックになる状態を避けることができますので、複数の業者に申し込む場合はこうした点に気をつけると良いでしょう。