消費者金融の審査と年収の金額との関係

消費者金融と年収との関係

消費者金融を利用するにあたって、収入の金額は返済を進めるうえで非常に重要な要素となります。ただし、年収が低い人は消費者金融を利用することができないというわけではありません。

 

確かに消費者金融は総量規制の影響を受けますので、収入の金額によって融資を受けることができる金額が変わってきます。

 

総量規制では年収の3分の1が融資可能な限度額として設定されていますので、無収入では消費者金融の審査に申し込むことはできませんが、収入があれば消費者金融に申し込むことができるのです。

年収が少ない人は申し込めない?

消費者金融の審査では、年収の金額についての制限はありませんので、最低でもいくら以上の収入がなければ融資を受けることができない、ということもありません。消費者金融業者が行う審査で重視されるのは、

 

 

収入の金額がどの程度あるのか・・・


ということよりも収入がどの程度安定しているのか、ということです。これは消費者金融から融資を受けたお金を返済するために重要となるものであり、毎月無理なく返済ができるかどうかを確認する際に収入の安定性が大きく関係してくるためです。

 

年収の金額が少ない場合でも、毎月一定以上の収入がある状態であれば、消費者金融の審査に申し込むための条件のひとつはクリアできていることになりますので、年収の金額が少ないからといって申し込むことができないというわけではありません。

消費者金融の審査では嘘はNG

当たり前のことですが消費者金融の審査では事実と異なる情報、つまり嘘の内容で申し込むことはNGです。消費者金融で融資を受けることができる金額については総量規制の規定が適用されますので既存の借入金額や年収の金額によって借入可能な金額が変わってきます。

 

たとえば実際には他社からの借入を受けているのにその事実を隠して申し込む、また、収入の金額を本来よりも多い金額で申し込むといったことは消費者金融の審査では避けるべきでしょう。融資を受ける側からすれば少しでも多くの金額で借り入れたいところですが、

 

 

事実を隠して審査に臨んだとしても・・・


それらの事実は必ず消費者金融業者側に伝わります。確かに総量規制の関係から収入の金額によっては融資を受けることができる金額が少なくなる可能性もありますので、できるだけ自身に有利な条件で申し込みたいということは誰しも考えることです。

 

それでも事実に即した内容で申し込むことが審査に通るための最も確実な方法といえるのではないでしょうか。