担保や保証人なしに申し込める消費者金融

消費者金融は担保や保証人が不要

銀行などの金融機関からお金を借りることを考えた場合、融資を受ける金額にもよりますが、担保や保証人が必要な場合があります。これは、融資を行った相手が返済できなかった場合に、その分を保証してもらうという意味で必要なものとなっています。つまりは、

 

 

融資を行う金融機関側のリスク回避が大きな目的


となっているのですが、消費者金融ではこうした担保や保証人を用意することなく融資を申し込むことができます。消費者金融といえば手軽に申し込むことができるという特徴がありますが、

 

 

担保や保証人を用意せずに融資を申し込むことができる点も・・・


消費者金融の手軽さに一役買っているといえるでしょう。

担保や保証人が必要ない理由

消費者金融で融資を申し込んだ場合、必ず審査というものがあります。

 

この審査を行う目的は、融資を行った相手の返済能力を判断することにありますので、担保や保証人と同じく返済されない可能性を想定したことにあるのですが、消費者金融では担保や保証人は不要で申し込むことができます。

 

 

保証会社って・・・


消費者金融の場合、担保や保証人のかわりに保証会社というものを利用しており、この保証会社が返済が行われなかった場合に代わりに返済を行うという仕組みとなっています。消費者金融業者の多くはこの保証会社も兼ねている場合が多いのですが、

 

 

保証会社の審査に通過して初めて融資を受けることができる


ようになっています。また、消費者金融では個人の信用情報をもとに与信判断を行っていますので、別途担保や保証人を立てる必要もなく融資を申し込むことができるのです。

消費者金融が担保や保証人が不要なその他の理由

担保や保証人を用意する場合、審査ではそれらの要素についても与信判断をする必要があります。消費者金融といえば

 

 

即日融資に代表されるスピーディーな審査が大きな特徴


であるとともにメリットのひとつではありますが、担保や保証人の用意がかえってそのメリットが活用できなくなりますので、こうした背景も関係しているといえるでしょう。

 

また、消費者金融で適用される金利は銀行などの金融機関に比べると高い利率設定になっていることが多いのですが、こうした点も返済されなかった場合のリスクを考慮して高い金利が設定されていると考えることもできます。

 

このように、様々な要因があるからこそ消費者金融では審査において担保や保証人を用意することなく申し込むことができるようになっています。