消費者金融の審査で必要な書類

消費者金融の審査に必要な書類

消費者金融に申し込むにあたって、用意しなければならない書類があります。必ず用意しなければならない書類が本人確認書類です。

 

 

本人確認書類以外には・・・


これは所謂、身分証明書であり、この書類が用意できない人については基本的に審査を受ける事ができませんので結果的に融資を受けるということもできません。その為、消費者金融を利用してお金を借りようと考える人であれば必ず用意して提出する必要があります。

 

 

高額の融資を受ける際に必要となるのが収入証明書です。


これは本人確認書類と異なり必ず用意しなければならないというものではなく、消費者金融の場合は50万円を超える金額の融資を申し込んだ場合にこの書類を用意しなければなりません。

 

また、既に他社から借入を受けている場合でその分の合計が100万円を超える場合にも収入証明書が必要となります。

消費者金融の審査に利用できる本人確認書類

本人確認書類としては、主に

 

 

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証+住民票

などが該当します。これらの書類のうち1点を消費者金融の審査時に用意するという仕組みとなっており、これらの書類がない場合には

 

 

  • 住基カード
  • 印鑑証明書

などでも代用できるケースもあります。具体的にどの書類が必要か、ということについては実際に融資を受ける消費者金融業者によって異なりますので事前に確認しておくと安心です。

 

 

これらの本人確認書類を確認する目的は・・・


申し込んできた人の住所と氏名が事実かどうかを判断することにありますので、こうした情報の裏付けができる書類である必要があります。そのため、住所が確認できる記載がない書類については本人確認書類として認められません。

消費者金融の審査で利用される収入証明書の種類について

収入証明書については基本的に

 

 

  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 給与明細

などが該当します。こちらも本人確認書類と同じく、これらのうちどれか1点を提出することになりますが、本人確認書類と異なりすぐに用意することが難しい場合がほとんどです。この中では給与明細が比較的用意しやすいかもしれませんが、

 

 

審査を行う消費者金融業者によっては給与明細は・・・


収入証明書として認められない場合や直近2ヶ月分が必要といった条件が設定されることがあります。いずれにしても常に携帯しているような書類ではないので、高額の融資を受けることを想定しているのであれば事前に用意しておくようにしましょう。