審査で収入証明書が必要になる場合

消費者金融の審査で収入証明書が必要になる場合

消費者金融の審査に必要な書類は基本的に運転免許証などの本人確認書類ですが、それとは別に収入証明書が必要となる場合があります。収入証明を用意する必要がある場合としては、

 

 

  • 申し込んだ消費者金融業者から50万円を越える融資を受ける場合
  • 既存の消費者金融業者からの借入金額の合計が100万円を越える場合

です。消費者金融の審査では、融資を申し込んできた人の返済能力に問題がないか、ということを判断することを目的としています。そのため、高額の融資を受ける場合には収入の金額を確認できる書類として収入証明書の提出が必要となります。

収入証明書の種類

消費者金融から収入証明書の提示が必要と求められた場合には、主に

 

 

  • 源泉徴収票や確定申告書
  • 直近の給与明細

などを用意することになります。審査に利用することができる収入証明書の種類については実際に融資を申し込む業者ごとに微妙に異なるケースがありますので、事前に確認しておくと良いでしょう。

 

特に源泉徴収票や確定申告書については、すぐに用意することが難しい書類となっていますので、高額の融資を申し込む場合にはあらかじめ用意しておくことが大切です。

 

また、収入証明書が用意できない場合にはそこで審査はストップしてしまいますので融資を受けることもできなくなります。

収入証明書が必要となる理由

消費者金融は融資を行うにあたっては、貸金業法で総量規制が導入されています。この総量規制の規定では申し込んできた人の

 

 

年収の3分の1を超えての融資を行うことが規制されています


ので、高額の融資を行う場合には収入証明書を出してもらい総量規制の定める範囲で融資が可能かどうかを判断します。こうした理由から、消費者金融では50万円という一定の金額以上の融資を行う場合には収入証明書の提出を求めることになります。

 

また、50万円未満の融資を行う場合でも消費者金融業者側が必要と判断した場合には収入証明書の提出を求める事があります。例えば、

 

 

  • 過去のカードローンの利用において滞納などがあった場合
  • 現在の勤務先に転職してまだ日が浅い場合

など、融資を行ううえで慎重な判断をする場合に収入証明書が必要となるケースがあります。収入証明書は勤務先の名前も記載されていますので在籍確認の書類として使われることもあり、こうした点も含めて消費者金融の審査では重要な位置づけの書類となっています。