消費者金融の利用目的は自由

消費者金融で借りたお金の使い道

消費者金融業者の多くは、借入を行ったお金の利用目的については原則として自由としています。この利用目的が自由という点は、消費者金融で融資を受ける場合のひとつの特徴ともいえる部分であるとともに、利用者にとってのメリットといえるかもしれません。

 

 

家族や知人にお金を借りる相談をする場合・・・


必ず聞かれるのが何に使うのか、ということですが、利用目的については他人には言いづらい目的の場合もあるものです。

 

銀行などから融資を受ける場合には、利用目的についての条件が設定されているものもあり、こうした場合は利用目的を証明する必要がありますが、消費者金融ではその必要もなく審査を受けることができるのです。

利用目的が自由であるという理由

消費者金融では融資を行うにあたってその利用目的の確認をしていません。申込書類には、消費者金融業者によってはどんな利用目的でお金が必要なのかを登録する欄がありますが、ここに登録する内容についても

 

 

  • 遊興費
  • 交際費

など漠然とした内容でも問題ありません。具体的にいくらのものをどこで買うのでこれだけの金額が必要、という内容を登録する必要はありませんが、そこまでシンプルで問題ない理由は消費者金融の審査手続きを少しでもシンプルにする必要があるためです。

 

また、実際の利用目的を確認するためには融資を行った後に追跡調査でもしない限りは不可能なので、こうした理由もあって消費者金融では借入を受けるお金の利用目的は自由となっているのです。

消費者金融が認めていない利用目的

借入を受けたお金の使い道は自由という消費者金融ではありますが、どんな目的であっても使えるというわけではありません。消費者金融で利用することができない目的として代表的なものといえるのが事業性資金です。これは自営業などの

 

 

個人事業主が融資を受ける場合など・・・


に問題となるケースですが、自営業の人が消費者金融からお金を借りる場合にはあくまでも個人的に使うという範囲で借入を受けることができます。この他、ギャンブルや投資目的で融資を申し込む場合も消費者金融業者によっては審査で慎重な判断を行います。

 

ただ、利用目的については先述の通り融資を行った後で消費者金融業者が追跡調査をするということがありませんので、事実と異なる利用目的で申し込むということもできてしまいます。

 

このあたりは申し込む人の意識によって変わってくることなのですが、気持ちよく利用することを考えると事実に即した内容で申し込んでおくに越したことはないでしょう。