申込方法による審査基準の違い

消費者金融の申し込み方法

消費者金融に申し込むための方法には様々なものがあります。最近では最も主流となりつつあるのが

 

 

インターネットから申し込むという方法です。


大手の消費者金融業者の場合は自社のホームページを持っているところが多く、そのホームページから融資の申し込みをすることができます。この他、こちらも大手の消費者金融業者に多いのが自動契約機による申し込みです。

 

この自動契約機を利用する場合のメリットは、その場で融資の申し込みから契約、カードの発行まで行えるという点にあります。発行してもらったカードはすぐに借入に利用することができますので、確実に消費者金融を利用して借入を受けたいという人におすすめです。

 

この他、電話や郵送など様々な申込方法が消費者金融では用意されていますので都合の良い方法を選ぶことができます。

申し込み方法による審査基準の違い

消費者金融に申し込むための方法には様々なものがありますが、審査基準についてはどの方法で申し込んだとしても違いはありません。

 

 

申込み方法によって違いはあるのかなぁ・・・


つまり、インターネットを利用して申し込んでも、自動契約機から申し込んだとしてもその審査基準については全く同じであり、インターネットから申し込んだ方が審査に通りやすいというものはないのです。

 

 

申込み方法によって審査に影響することはありません。


これは、消費者金融の審査というものが申し込み方法ではなくその後の利用における返済能力を確認することを目的としているためであり、申し込む方法によって審査基準を変更する意味がないためです。

 

そのため、消費者金融への申し込みについては自身が申し込みしやすい方法を選んで問題はありません。

申し込み方法による審査への影響

審査基準についてはどのような方法で申し込んだとしても特に違いはありませんが、それでも申し込み方法によって審査への影響が変わることがあります。たとえばインターネットから申し込む場合というのは、

 

 

基本的に24時間いつでも融資の申し込みができますが・・・


実際に審査が行われるのはその業者の審査可能時間のみです。自動契約機の場合は営業時間が決まっていますので、申し込みができる時間というのは営業終了時間ギリギリでもない限りリアルタイムに審査が可能です。

 

申し込み書類への登録が手書きか画面への入力なのか、という点も申し込み方法による違いですが、これについても方法によって誤字や記入ミスが起こる可能性が変わってきます。

 

誤字や記入ミスは審査に直接影響するものとなりますので、少なからず申し込む方法によっては審査を左右することがあるのです。