事実と異なる情報で申し込むとどうなるか?

消費者金融に申告する情報

消費者金融に申し込む際には個人情報など様々な情報を登録して審査を受けることになります。消費者金融の審査では、

 

 

登録されたこれらの情報をもとに返済能力を判断


していきますが、当然ながらここで登録する情報については事実に基づいた内容で申し込む必要があります。

 

実際のところ、消費者金融の審査に申し込む際にこうした情報について事実と異なる内容で申し込むといった可能性がありますので、審査では申込時に登録された情報について返済能力を判断するとともに事実確認を行っています。

なぜ事実に沿った内容で申し込む必要があるのか?

消費者金融に申し込むにあたって、事実に基づいた内容で申し込む必要がある理由については今更言うまでもないことですが、

 

 

消費者金融の審査では信用を重視しています。


これからお金を融資しようという相手ですので、何をおいても信用できる人間でなければ融資を行うことはできません。お金を借りる側からすれば、なんとかしてできるだけたくさんの金額を借り入れたいと思っているところですが、それだけに

 

 

事実と異なる情報で申し込んでいいというわけにはいきません。


その為、事実と異なる情報で申し込むということは、いわば審査において嘘をついているという事ですので、そういう人間は信用できないという事になります。それ以前に融資を申し込むわけですので、最低限のマナーとして事実に即した内容で申し込んで然るべきです。

事実と異なる情報で審査に申し込むとどうなるか?

誰しも自分を良く見せようという気持ちは少なからずあるものです。これは消費者金融の審査においても同じであり、特に融資を行う金額というものは申し込む内容によって大きく異なってきますので、できるだけ

 

 

自分を良く見せて審査での評価を高めたい・・・


という気持ちもあるかもしれません。確かに収入の安定性を証明するために収入証明書を用意したりするのは、審査でも評価が高くなるものですが、もしもその気持ちが高じて事実と異なる情報で申込んだ場合には、まず消費者金融の審査には通りません。

 

これは、消費者金融の審査というものが信用を第一に考えているためであり、仮に毎月安定した収入があり、カードローンの利用においても滞納などがなかったとしても、嘘をつくような人間には絶対に融資は行われません。

 

消費者金融の審査は、どのような状況であっても事実に基づいた内容で申し込むことが大切です。