消費者金融の審査の流れ

最初に行われるのは本人確認

消費者金融の審査でまず最初に行われるのは、融資を申し込んできた人の本人確認です。どんな消費者金融業者であっても、融資を申し込む際に本人確認書類が不要で申し込むことができるというところはありません。

 

仮に継続的な収入が安定して入ってくる状態だったとしても、どこの誰かといったことを客観的に証明できる書類がない人に対しては消費者金融が融資を行うことができるというところはありませんので、

 

 

本人確認の証明書って・・・


まずは本人確認書類を元に申し込んできた人が本当にその人かどうかを判断します。

 

 

  • 運転免許証
  • パスポート

写真付きの身分証明書なので、消費者金融でも本人確認書類として最適なものといえます。

既存の借入の有無

次に確認されるのは現在どこか別のカードローン業者や金融機関からお金を借りていないか、ということです。

 

既にどこか別のところから借入を受けていて、現在その分の返済を進めているということであれば、新たな借入があった場合でも問題なく返済ができるかどうかが問題となってくるためです。

 

また、消費者金融の場合は総量規制の関係から融資を行うことができる金額は年収の3分の1が限度額となっており、既存の借入残高がどのぐらいあるのか、ということは融資を行う金額を決定するうえで非常に重要な情報となります。こうした既存の借入については

 

 

個人信用情報機関に登録されている情報を照会


する事で裏付けられますので、もしも既にどこかから融資を受けているのにその事実を伏せて申し込んだ場合でも調べる事ができます。

勤務先への在籍確認

ここまでの審査において問題がなければ次は勤務先への在籍確認が行われます。消費者金融の審査の目的とは融資を行った相手が問題なく返済してもらえるかどうかを判断することにありますが、返済能力を判断するうえで重要となってくるのが勤務先への在籍確認です。

大手消費者金融 在籍確認の方法
プロミス

電話確認以外の方法で相談することができる

モビット

WEB完結利用で電話連絡なし

アコム

電話による確認

アイフル

電話による確認

消費者金融業者が融資を行うための条件として毎月安定した収入があるかどうかというものが設定されている場合が多いのですが、勤務先への在籍確認を行うことでその収入の安定性を測ることができます。

 

また、既存の借入の有無を調べる目的と同じく、事実と異なる情報で融資を申し込んでいないか、ということを調べるという目的も在籍確認には含まれています。この他、

 

 

  • 過去のカードローンの利用実績
  • クレジットカードや公共料金の支払状況

など様々な情報を総合的に判断し、融資可能かどうかを最終的に判断します。