審査で決まる限度額

消費者金融で借りられる金額はいくらまで?

消費者金融で融資を受けることができる金額は、審査のうえで決定されます。また、消費者金融では業者ごとに融資を行うことができる上限の金額が設定されており、この金額を超えて融資を受けることはできません。

 

さらに、消費者金融では総量規制の影響を受けることから年収の3分の1を超えて貸付けるけることができないという点も重要なポイントとなります。例えば、その業者で融資可能な上限金額が500万円と定められていたとしても、

 

 

実際にその金額まで借りるためには年収が最低でも1,500万円は必要


ということになりますので、そうなると現実的ではありません。

審査で決まる限度額

融資を行うにあたり、実際に貸付を行う限度額をいくらとするか、ということについては審査で決められます。総量規制の関係から年収の3分の1が限度額となるものの、最初からいきなりそこまで融資ができるかどうかというのは、審査のうえで決定されます。審査では、

 

 

  • 過去のカードローンの利用などの実績
  • 職業・年収

などから融資を行う金額を決めるようになっており、人によっては早い段階で限度額いっぱいまで借入ができるケースもあるかもしれません。

融資可能な金額が少なくなる場合

消費者金融業者にとって、できるだけ避けたいのは融資を行った結果返済されないというケースです。消費者金融の審査とは、こうしたリスクを少しでも軽減することを目的としたものであり、

 

 

返済できない可能性がある人に対しては融資を行わない


という判断となります。融資を申し込んだものの、実際に借入を受けることができた金額については希望していた金額よりもかなり少なくなってしまったという場合には、審査において何らかの問題があると判断されてしまった可能性が考えられます。

 

たとえば既に他社から多くの借入を受けている場合などは、融資を受けることができる限度額も少なくなるため、希望する金額よりも少なくなった場合にはその可能性を考えましょう。

限度額が高くなる場合もある?

消費者金融に融資金額として10万円で申し込んだところ、20万円の限度額で契約できたというケースもあります。これは、職業や過去の実績などの属性が審査で優秀と判断された場合で、こうした場合にはより多くの金額の融資が可能となります。

 

ただし、その後の返済のことを考えると高額の融資を受けることが必ずしも良いこととは限りませんので、そのような場合には自身の状況をよく考えて決めるようにしましょう。