消費者金融の審査基準

消費者金融の基本的な審査基準

消費者金融の審査基準については実際に融資を申し込む業者によって異なりますが、基本的な部分については共通しています。

 

 

申込み条件をクリアすれば融資してもらえるだろうか・・・


たとえば、20歳以上であること、そしてパートやアルバイトなど勤務形態を問わず安定した収入を得ている状態であることはほとんどの消費者金融で共通する審査基準です。勿論、この審査基準に適合しているからといって

 

 

すぐに融資可能という判断に至るということはありません


が、こうした条件というものは消費者金融で融資を受けるにあたって最低限の前提条件となりますので、まずはこれを満たしていることが融資を受けるためのスタートラインともいえます。

審査基準はどう評価される?

消費者金融では様々な部分で返済能力を判断するための確認が行われます。たとえば

 

 

  • 年収の金額や職業
  • 既存の借入の有無
  • 家族構成や居住形態

などが消費者金融の審査における確認項目となっています。年収の金額や職業は、申し込んできた人に対してどの程度まで融資を行うことができるか、ということを判断するためのものであり、収入の金額が多ければその分融資可能な金額も高くなります。

 

 

既存の借入の有無については・・・


過去にカードローンを利用したことがあったかどうか、あるのであればその返済状況に問題はなかったかを確認します。消費者金融の審査においては過去にカードローンの利用経験がある人の方が審査でも評価される傾向にあり、

 

 

返済状況においても滞納がなく順調に取引ができていた人であれば評価も高いです。


収入や借入以外の審査基準

消費者金融の審査では、年収の金額や既存の借入金額だけでなくそれ以外の情報についても確認が行われます。

 

たとえば家族構成では、結婚しているかどうか、家族と同居しているか一人暮らしなのかといった点が判断材料となりますが、独身で家族と同居している人の方がその分返済もしやすい状態にあると判断されることから審査でも評価が高くなります。また、

 

 

賃貸か持家かの居住形態については・・・


その人の社会的信用度を判断するための材料となり、例えば賃貸よりも本人名義の持家を持っている方が消費者金融の審査でもそれだけ信用度が高いと判断されることから評価が高くなります。

 

これらの情報については、収入や既存の借入金額といった情報についての補助的な審査基準であり、これだけで審査の評価が大きく左右されることはありませんが、決して疎かにできないものであるといえるでしょう。