消費者金融の審査に必要な時間

審査時間は基本的に短い?

消費者金融といえば申し込んだその日のうちに融資を受けることができる即日融資が基本となっています。

 

 

即日融資を受けるなら消費者金融にすべきかなぁ・・・


即日融資ができるということで少しでも早くまとまったお金を用意したい、という人にとっては大きなメリットとなることはもちろんですが、手軽に融資を申し込むことができるという消費者金融のイメージにも一役買っているのではないでしょうか。

 

銀行カードローンでも最近では即日融資ができるところが増えてきましたが、やはり即日融資を利用したいと考えるのであればまずは消費者金融を第一候補と考える人が多いのもこうした理由があるからかもしれません。

なぜ早い?消費者金融の審査時間

先程も説明したように、消費者金融のもつ最大の特徴といえばやはり即日融資です。この即日融資を可能とするためには、審査に必要な時間についてもできる限り短縮しなければなりませんが、殆どの消費者金融では審査を申し込んでから結果が出るまでの時間として

 

 

平均して1時間前後となっています。


ここまで早い審査が可能なのは、ひとつはIT技術の進歩に伴い各種情報の確認が早く行えるようになったという点が関係しています。

大手消費者金融審査スピード
プロミス最短30分
モビット最短30分(申込の曜日・時間帯によっては翌日以降の取扱)
アコム最短30分
アイフル最短30分

最近では多くの消費者金融でインターネットを利用した申し込みに対応していますが、ここで登録された情報というものはそのまま機械的に審査情報として利用することができますのでさらに時間の短縮につながります。

 

とはいえ、審査に必要な時間についてはあくまでも平均的なものであり、融資を申し込む金額や申し込んできた人の状況などによってはある程度前後する可能性はあるかもしれません。そのため、即日融資ができると思ってギリギリに申し込むのではなく、

 

 

消費者金融の審査時間を見越してある程度余裕をもって申込むのがベターです。


審査が早く終わる場合とは?

消費者金融の審査が早く終わる場合というのは、申し込んできた人に

 

 

全く問題がない場合

逆に早い段階で融資ができないと判断された場合


です。前者の場合、過去または既存の借入残高というものがなく、それでいて勤務先での勤続年数も長い、さらにクレジットカードや住宅ローンの支払も順調といったケースが該当します。

 

 

融資を申し込む金額についてもそれほど高額ではないという場合は・・・


ここで敢えて返済できない可能性を探す方が難しいため、審査時間も早く終わります。後者の場合は既に消費者金融で借りられる限度額を超えていたり、既存の借入で滞納などを繰り返していたりする場合が考えられます。

 

こうした人の場合はその後審査を続けても融資を受けられる可能性が低いため、こちらも審査時間が早く終わります。