消費者金融の審査に通らない理由

消費者金融の審査の目的

消費者金融は、誰でも手軽に利用することができるものの、どんな人でも融資が受けられるというわけではありません。消費者金融業者にとっては、融資を行った後の返済が無事に問題なく行われるかどうかというのは気になるところです。

 

 

審査に通るだろうか・・・


不特定多数の顧客を相手に融資を行うことを考えると、その後の返済に不安がないと判断できる人を融資対象としたいものですが、その人の返済能力を判断するために行われるのがいわゆる審査です。

 

 

確実に返済できる人物かしら・・・


申込こそ手軽にできるものの、その後実際に融資を受けることができるかどうかについては審査によって決められるため、融資を申し込んだものの審査に通らないという人も少なくありません。

審査に通るための必要な項目

収入の金額

消費者金融を利用してお金を借りるための前提条件として、毎月安定した収入を得ていることというものが挙げられます。つまり、定職に就いていない人はほぼ間違いなく審査には通りません。

 

 

失業中はNG


無職の人であっても、たとえば失業保険を受給中の人などのように毎月収入を得ているという状態の人もいるかもしれませんが、こうした人については安定した収入とは認められません。また、消費者金融については総量規制が適用されることから

 

 

年収の3分の1が借入可能な限度額となります


ので、融資を受けることができる金額については年収の金額によって決められます。

既存の借入の金額

消費者金融は総量規制で融資可能な範囲内であれば別の業者から借入を受けている状態でも融資を申し込むことができます。

 

これは逆にいえば

 

 

総量規制で定められた限度額に既に達しているという場合には・・・


新たに消費者金融で借入を受けることができないということです。また、限度額の範囲内であっても既存の借入に対する返済状況などによって融資が受けられないケースもあります。

 

現在の年収と既存の借入残高とのバランスが良くない場合には審査に通らない可能性があることを理解しておきましょう。

現在の勤務先における勤続期間

消費者金融では申し込んできた人の信用度も返済能力を判断するうえで重要なポイントとなります。信用度を左右するのが勤務先での勤続期間ですが、これについてはできるだけ長いほうが返済能力が高いと判断してもらうことができます。

 

 

転職したばかりだけど・・・


消費者金融の審査における勤続期間としては、最低でも一年以上あった方が望ましく、できるだけ長く同じ勤務先で働いているほうが審査でも評価が高くなっていきます。