消費者金融の審査で確認されること

消費者金融の審査で心配しないために

消費者金融は誰でも手軽に申し込むことができるものの、申し込んだ後に

 

 

融資を受けることができるかどうかという点については審査によって決定されます。


この審査というものは、消費者金融に申し込んだ人の多くが不安に感じるところですが、ポイントをしっかりと押さえておけば実はそれほど心配することはありません。

 

消費者金融の審査のポイントは、主に収入と支出のバランスがとれているかどうかというところが大きく関係してきますので、まずは自身の状況を見直すところから始めてみると良いでしょう。

審査で確認される項目

収入の安定性と金額

消費者金融は総量規制という法律によって融資を行うことができる限度額が規制されています。この総量規制では

 

 

借入可能な限度額については年収の3分の1まで


と定められており、この金額を超えて融資を行うことは原則としてできません。そのため、年収の金額に応じて融資可能な金額も変わってくることから、審査でも必然的に確認が行われることになります。

 

 

年収の3分の1以上だと消費者金融では借りれないのかぁ・・・


また、それとともに重要となってくるのが収入の安定性です。消費者金融で融資を受けた分については毎月の収入の中から返済を進めることになりますので、継続して安定した収入があるかどうかというのは返済能力を確認するうえで重要な審査項目となっているのです。

勤務先への在籍確認

安定した収入を得ているかどうかどうかを判断する材料となるのが勤務先への在籍確認です。これは消費者金融の担当者が直接勤務先に連絡して申し込んできた本人がその勤務先で働いているかどうかを確認します。

 

勤務実態の確認は、収入の安定性を調べることができる他、実際には働いていない勤務先を登録する等

 

 

事実と異なる情報で申し込んでいないか確認するといった目的もあります。


過去のカードローンの利用

 

  • 過去にカードローンを利用していたことがあるかどうか
  • 現在、他社から融資を受けているかどうか

というのは消費者金融の審査でも必ず確認される審査項目のひとつです。こうしたカードローンの利用状況というものは個人信用情報機関に信用情報として登録されていますので、この情報を確認することでカードローンの利用履歴を調べることができます。

 

 

個人信用情報機関で他社の借入分も確認されるんだなぁ・・・


また、申し込んできた人が事実と異なる情報で融資を申し込んでいないかどうかということもこの信用情報から確認することができますので、消費者金融の審査においては重要な情報であるといえるでしょう。