レイクの在籍確認は回避不可避でも方法はあります!

レイクを利用してお金を借りる場合、まずは審査に通る必要があります。その審査では必ず勤務先への在籍確認が行われることになっていますが、これはレイクから融資を受けた場合の返済能力と勤務実態を確認する目的があります。

 

レイクでお金を借りる場合というのは、毎月安定した収入を得ていることが前提条件となっていますので、収入がなければ融資を受けることができません。しかもこの収入とは年金や失業保険のように不安定なものではなく、勤務先からの給与収入のように安定したものである必要があります。ですので、

 

 

現在も給料が支払われているのかどうかの確認の為にレイクからの在籍確認の電話を回避する事ができません


 

ちょっと待ってよ〜!人には会社にローン会社から電話を掛けて欲しくない事情があるじゃないですか?


そんな方にはプロミスに相談するのがおすすめです。

プロミスなら在籍確認の電話を別の手段で確認してくれる相談が出来る!

レイクの在籍確認の電話をなんとかしたいのでプロミスを利用すると便利です。

 

 

プロミスでは在籍確認の電話を会社に掛けて欲しくない方に別の手段での確認をする相談が可能です。相談方法は簡単。

  • ネット申込の後にプロミスに電話して相談
  • 審査後の申込の内容を確認する電話で相談

いずれかで相談すればオペレーターが別の方法を電話で案内してくれます。


プロミスとレイクのスペックとサービスの比較
- プロミス 新生銀行カードローンレイク
金利 実質年率4.5%〜17.8% 実質年率4.5%〜18.0%
借入可能額 最高500万円 最高800万円
無利息サービス ※1初回の借入の翌日から30日 ※2契約の翌日から30日と5万円まで180日のいずれか
自動契約機設置台数 およそ2,500台(三井住友銀行ACM利用可能な為) およそ700台

※1 要メールアドレス登録とWeb明細利用の登録
※2 契約から借入までの日数が経過するほど無利息期間が減ります

 

金利は小額(およそ40万円くらいまで)の借入では大抵最高金利が適用されますので、その場合プロミスの方が0.2%低いということになります。

 

無利息サービスでも確実に30日利用できるのはプロミス。5万円借りたいというのであればレイクの5万円180日無利息を利用するのも一つの手段ですが、在籍確認の電話は回避する事ができません。即日カード発行して融資を受けたいというときには自動契約機の設置台数が圧倒的に多いプロミスの方が有利です。

プロミスで在籍確認の電話を相談
プロミス 【最短1時間融資】
SMBCコンシューマーファイナンス


プロミスレディース

実質年率 4.5%〜17.8%
借入限度額 最高500万円

新生銀行カードローンレイクの在籍確認の電話が避けられないその他の理由

また、レイクの審査に通るために本来なら勤務実態がない大手企業の名前を書いて登録するといった可能性がありますので、こうした詐欺行為を未然に防ぐことも在籍確認の目的となっています。

 

在籍確認をすることで勤務実態があるかどうかを調べることができますので、もしも本当は働いていない会社の名前を書いてしまった場合にはレイクの審査には通りません。これはレイクが審査で重視する信用度にも大きく関係するものであり、

 

 

在籍確認で勤務実態が確認できればその人は信用できる人だと一定の評価をすることができます。


これらの理由から、レイクでは審査における在籍確認を必須としています

新生銀行カードローンレイクの在籍確認の方法は?

そんなレイクの在籍確認の方法は勤務先にレイクの担当者が直接電話連絡をすることで行われます。電話連絡といってもレイクの担当者は個人名を名乗って連絡をしますので、勤務先にお金を借りるということが知られる可能性はありません。

 

 

私名義で電話を掛けますのでレイクの名前は出しません。


また、電話連絡についてはその人がその勤務先にいることがわかればそれで良いので、必ずしも申し込んできた本人がその場にいなければならない、ということもありません。在籍確認の目的は勤務実態を確認することなので、その場で敢えて本人と話をする必要はなく、電話連絡そのものの時間もかなり短時間で完了します。

 

 

留守の場合は外出中などの返答で在籍を確認完了します。


安定した収入を得ているかどうか、そして虚偽の申告をしていないかどうか、こうした確認をするうえで在籍確認は重要な審査項目です。