プロミスで他の借入をおまとめローンとして借り換えしたい

プロミスで他の借入をまとめたいという需要も多々ありますので、プロミスでは貸金業法に基づくおまとめローンという商品を用意しています。ここでは貸金業法に基づくおまとめローンの利用の仕方などを見てみましょう。

どんな借入をまとめることが出来るのか?

プロミスの貸金業法に基づくおまとめローンでは借り換えできる借入と、借り換えできない借入があります。まずそれを知っておかない事には審査途中に、

 

 

これは借り換えれないのかぁ・・・


という風な具合になってしまいますので注意してください。

プロミスの貸金業法に基づくおまとめローンの借り換え対象
対象となる借入 消費者金融やクレジットカードのキャッシングなどの他の貸金業者からの借入
対象とならない借入 銀行のカードローンやクレジットカードのショッピング枠

このように銀行のカードローンはプロミスではおまとめローンとして借り換える事は出来ません。

 

 

銀行のカードローンからの借り換えは銀行のおまとめローンでしか出来ません。


同様にクレジットカードのショッピング枠もプロミスではおまとめローンとして借り換える事は出来ません。これも

 

 

クレジットカードのショッピング枠の借り換えは銀行のおまとめローンでしか出来ません。


なぜこれらが対象外になっているのかというと、

 

 

銀行のカードローンやクレジットカードのショッピング枠は総量規制の対象外だからです。


総量規制の対象外の借入をおまとめローンとしてまとめるのがなぜ出来ないのかは次の項で解説します。

なぜプロミスで総量規制の範囲を超えて借り換えれるの?

総量規制には例外というお金を借りたいという方への救済措置があります。

 

 

  • 返済に困った際
  • 緊急で体調を崩してしまった際や怪我・病気になってしまった際
  • つなぎ資金が必要な際

こういった場合を想定して困った方がお金を貸金業者から借りれるようにしています。その中で”顧客に一方的有利な借り換え”は総量規制の例外とするというものがあるのですが、これがおまとめローンにあたるのでプロミスでも総量規制の範囲を超えて借り換えが可能なのです。もちろん審査に通る必要はありますし、様々な条件があります。

 

プロミスの>貸金業法に基づくおまとめローンはこの条件を備えた総量規制の例外を適用した商品なので、総量規制の範囲を超えて借り換えれるのです。

 

また先ほどの”総量規制の対象外の借入をおまとめローンとしてまとめるのがなぜ出来ないのか?”という問いには、

 

 

総量規制の例外を適用した商品なので総量規制の対象外の借入には使えない


ということになるのですね。

貸金業法に基づくおまとめローンに借り替えた時のメリット

これはやはり

 

 

  • 毎月の返済金額が減る
  • 複数の返済日がひとつになる
  • 借入額が減るので金利が低くなる

というメリットがあります。また銀行カードローンでのおまとめローンは審査が厳しく、ある程度の年収が必要ということもあるので、プロミスの貸金業法に基づくおまとめローンの需要があるのです。

貸金業法に基づくおまとめローンに借り替えた時のデメリット

これはやはり銀行でおまとめローンをするよりも金利が高いということに尽きます。もちろん借入額が多くなるので他社借入をまとめた際には、既存借入よりも金利は低くなります

 

ただやはり銀行でのおまとめローンよりかは幾分かは金利が高くなってしまいます。ですが、

 

 

銀行カードローンには審査が厳しいというデメリットがあります。


ですのである程度の年収があるのであれば銀行カードローンで、そうでなければプロミスの貸金業法に基づくおまとめローンでという判断をしなければなりません。

申し込み方法

プロミスの貸金業法に基づくおまとめローンは総量規制の例外を適用したものなので、それに沿った条件で申込む事になります。まず一番重要なのは、

 

 

ネット申込後にプロミスに電話して貸金業法に基づくおまとめローンでということを伝える事です。


これをしない事には一般カードローンで審査されてしまう恐れがあり、借入希望額と既存借入額を合わせると総量規制の範囲を超えてしまい審査に落ちてしまう可能性もあります。

 

もちろん申込フォームには他社借入記入欄があり、それをプロミス側が見て貸金業法に基づくおまとめローンを案内してくれる事もありますが、プロミス依存では確実性がありません。ですのでこれが最重要事項です。

 

総量規制の例外を適用するにあたり、”顧客に一方的有利な借り換え”にする必要があります。その為申込後には既存借入先の残高を残高証明書などで明確に伝えて審査してもらいます。審査が通れば、

 

 

プロミスから既存借入先に申込者名義で振込んで既存借入を完済します。


プロミスの貸金業法に基づくおまとめローンはこういう立替返済の方式ですので申込者の手元には一切お金は入ってきません。また、追加の借入もできないシステムになっていますので否が応でも完済目指しての借り換えになります。

プロミスの貸金業法に基づくおまとめローンは申込後にプロミスに電話する事を忘れずに
プロミス 【最短1時間融資】
SMBCコンシューマーファイナンス


プロミスレディース

実質年率 4.5%〜17.8%
借入限度額 最高500万円