いきなり掛かってくる三菱UFJ銀行カードローン『バンクイック』の在籍確認の電話には注意

三菱UFJ銀行カードローン『バンクイック』に申込むと、審査を経た後に必ず在籍確認があります。在籍確認とは、申込者の申告通りの会社に本人が属しているのかどうかを会社に電話して確認を取る金融業者特有の確認作業です。

 

 

金融業者や銀行も無担保でお金を貸す訳ですから、返済の源泉である給与が健在も継続して支給されているかどうかのこの確認は外せません


しかし、大多数の方はカードローン業者から会社に電話してもらいたくないと考えています。

 

 

会社にバレてお金にルーズだと思われると現金商売だから使い込みを疑われてしまうよ・・・


 

女がお金を借りるって事を会社にバレたら恥ずかしい・・・


こういった方には三菱UFJ銀行カードローン『バンクイック』の在籍確認の電話はキツイかもしれません。

 

三菱UFJ銀行カードローンの審査は現在当日には終わりません。最短でも翌日まで審査は掛かりますので、即日融資は不可能になっています。

 

その審査が終わった際に、メールで仮審査結果を知らせるURLが送られてくるので、申し込みの際の暗証番号を入力すると、仮審査で出た借入可能額が表示されて、本人確認と収入証明の書類の提出案内がされます。

 

 

このメールのあと20分後にいきなり前触れなしに会社に在籍確認の電話が掛かってきて、しかも三菱UFJ銀行を名乗って掛けてくるのです。これには困ったものでした・・・


三菱UFJ銀行カードローンは会社への在籍確認の電話は避ける事はできませんし、三菱UFJ銀行を名乗って掛けてこられたら会社の方にバレてしまうのは必至です。

 

 

こんな心配もプロミスに申込めば全て解決します。プロミスでは会社への在籍確認の電話を別の確認方法でする相談が可能です。相談せず電話を掛けたとしてもプロミスのオペレーターの名前で掛けてくるので会社にバレません


三菱UFJ銀行カードローン『バンクイック』よりプロミスの方が優れているメリット

三菱UFJ銀行カードローンでは最短でも翌日以降の融資に対し、プロミスでは即日融資の手段も豊富で、最短1時間融資

 

平日14:00までに契約完了することによって、手持ちの口座に即日振込が可能ですし、三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座へであれば、会員サイトで口座登録する事によって24時間365日最短10秒で振込融資が可能になる瞬フリもあります。

 

振込可能時間が過ぎても、土日祝日であっても、最短即日カード発行可能な自動契約機のある店舗も約1,700店舗あるので即日融資に関しては業界最高峰でしょう。

 

 

金利に関しても、申込当初に借りれる額に対しての金利は、三菱UFJ銀行カードローンでは実質年率14.6%、プロミスでは実質年率17.8%と利息にすればそれ程変わりません。逆にプロミスには初回30日無利息サービス(要メールアドレス登録とWeb明細利用の登録)がありますので、三菱UFJ銀行カードローンの利息よりも低くなる場合もあるのです。

12万円借りて元金を4万円ずつ3ヶ月で完済した時の利息を比較してみた
三菱UFJ銀行カードローン『バンクイック』 プロミス
1ヶ月目の利息 およそ1,440円 なし(※無利息サービス利用
2ヶ月目の利息 およそ960円 およそ1,170円
3ヶ月目の利息 およそ585円 およそ480円
利息合計 およそ2,880円 およそ1,756円

※要メールアドレス登録とWeb明細利用の登録

 

早めに返済すれば、三菱UFJ銀行カードローンの利息よりもプロミスの利息の方が低くなるのです。もちろん在籍確認の電話も別の方法で確認する相談ができるのも最大のメリットです。

三菱UFJ銀行カードローン『バンクイック』の会社への在籍確認の電話に困ったらプロミス

プロミス 【最短1時間融資】
SMBCコンシューマーファイナンス


プロミスレディース

実質年率 4.5%〜17.8%
借入限度額 最高500万円

実際に申込んで分かった!三菱UFJ銀行カードローン『バンクイック』の在籍確認の電話からカード発行までを体験

編集部では実際に三菱UFJ銀行カードローン『バンクイック』の在籍確認を体験すべく、申込んで見ました。

 

2018年から全銀行は即日融資不可能になりましたので、そうなってからの三菱UFJ銀行カードローンの在籍確認は、当編集部が一番早く出してるはずですし最新です。古い情報は全く当てになりませんので注意してくださいね。

なんと現在三菱UFJ銀行カードローン『バンクイック』の審査は二日以上掛かってしまう!

編集部では土日祝日などの銀行休行日を挟まないように、火曜日の10:53に申し込みを始めました。三菱UFJ銀行カードローンから申込受付け完了のメールは来ましたが、その後その日は音沙汰はありませんでした。

 

 

三菱UFJ銀行カードローンの申込フォームは変わっていて、借入希望額の入力がありません。とりあえず仮審査をして三菱UFJ銀行カードローンの提示する借入枠を呑むか、それ以上望むなら再審査ということになります。

 

次の日の水曜日の朝10:33、メールにて仮審査結果の通知URLが三菱UFJ銀行カードローンから送られてきました。銀行が即日融資をできなくなった理由の警察庁の反社会勢力データベースの参照は、この日の朝に済んでいるようです。

 

 

アクセスすると、無事三菱UFJ銀行カードローンの仮審査が通り、借入枠が100万円いただけていました。

 

 

すると、このメールから17分後、いきなり三菱UFJ銀行カードローン『バンクイック』から在籍確認の電話が掛かってきました。実は自宅で自営なので家の電話に在籍確認の電話が掛かってきたのです。しかもなんと、

 

 

三菱UFJ銀行ですが、○○さん(編集部の私)ご在籍でしょうか?


え〜〜〜〜!!!三菱UFJ銀行の名前出しちゃってるやん。通常カードローンでいきなり在籍確認の電話が掛かってくることはありません。

 

カードローン業者のオペレーターから電話が掛かってきて、会社への在籍確認の電話を掛ける了承を得た上で掛けてきます。

 

 

ですので、三菱UFJ銀行カードローン『バンクイック』の在籍確認はかなりおきて破りだと言えます。


こんな在籍確認ならまず三菱UFJ銀行カードローンの在籍確認だということが、会社の電話口の方にまずバレるでしょう。会社にバレたくない方はプロミスを利用してくださいね。

 

>>三菱UFJ銀行カードローンの在籍確認の電話が困るならプロミスで相談

 

三菱UFJ銀行カードローンの在籍確認の電話が済んだ後、先ほどの審査結果のサイトの案内に従って、

 

 

  • 本人確認書類
  • 収入証明書類

を三菱UFJ銀行カードローンのアップロードサイトにて送信しました。送信完了したのが、11:17です。しばらくして12:41に、三菱UFJ銀行カードローンから電話が掛かってきて、今後の進め方の案内がありました。

 

 

テレビ窓口でのカードの受け取りを希望との事なので、本人確認書類と収入証明書類を持っていってください。


と言われたのですが、ん???待てよ。それさっきアップロードしたよ。11:17に完了してるからもう一時間以上経ってるけど届いてないの?とオペレーターに確認すると確認して再度電話させていただくとの事。

 

ちょっと内部連携がうまくいっていなかったようで、メガバンクの三菱UFJ銀行にしてはお粗末な仕組みなってるなぁと少しがっかりしました。その際借入枠100万円に対する適用金利も年13.6%になりますとの案内がありました。

 

三菱UFJ銀行カードローンは、2016年7月25日と2017年3月27日の二回に渡って金利を改定してきています。2016年には見せかけのあまり適用されることのない年1.8%の最低金利を導入し、2017年には金利を少し上げてきました。

 

 

2016年までの金利であれば100万円なら年12.6%だったのに、編集部の適用された原稿金利では年13.6%でしたので実質金利は上がっていると言う見方ができます。

 

先ほどの三菱UFJ銀行カードローンからの電話から、およそ二時間後の14:35に再度三菱UFJ銀行カードローンから電話が掛かってきました。アップロードした書類を確認するにはあまりにも時間が掛かりすぎですが・・・

 

この電話では提出書類が確認できたことと、テレビ窓口でのカード発行の進め方の案内を受けました。重要なのは本人確認書類は必ず持っていくようにということです。

 

それと編集部には100万円の借入枠が出ているので、一度に借り入れできる金額は初期設定で50万円までになっているので、この金額を上げるかどうかの確認をしてくれます。編集部の場合は必要なかったので、そのままに留め置きました。

 

これでテレビ窓口の営業時間内であれば、カード発行はいつでもできる状態になりました。少し用事を済ませて17:15に三菱UFJ銀行へ向かいました。

完全中継!三菱UFJ銀行カードローン『バンクイック』の審査も在籍確認も完了してからにカード発行

 

三菱UFJ銀行カードローンのオペレーターからは、審査も在籍確認も済んでいますのでおよそ30分ほどでカード発行できますとの案内を受けていました。

 

編集部が行ったのは三菱UFJ銀行和泉支店でここはテレビ窓口が2台設置されていました。

 

 

しかし即日融資が不可能になった三菱UFJ銀行カードローンを利用する方は少なく、閑散ととしていましたのですぐに発行手続きに取り掛かることができました。

 

 

プロミスの自動契約機コーナーと比べると、かなり狭い感じになりますが相撲取りでもない限り十分な広さだと感じました。

 

 

まずは座席に座ってスタートを押して始めます。

 

 

三菱UFJ銀行のテレビ窓口では様々な手続きができるようになっていますので、カードローンを選択します。

 

 

ここが一番注意する画面になります。編集部の場合は三菱UFJ銀行カードローンのオペレーターから2番でということを案内されていましたのでそのまま2番を選択。

 

 

  • 1番はネット申込なしで始めからテレビ窓口で申込む場合。ただしこの場合本人確認書類や収入証明書類などが必要な事と、カード受け取りにもう一度翌日以降に来なければならないということがあります。
  • 2番はネットで申込んでカードをテレビ窓口で受け取る場合。編集部ではここですが、手間とテレビ窓口での自簡短縮と言う意味でもこの手順がおすすめです。本人確認書類と収入証明書類をアップロードしていない場合もここで提出することができます。
  • 3番は1番で申込んだ際に再来店してカードを受け取る場合。

このようになっています。

 

 

必要書類の案内です。編集部の場合は全て提出しているので、現在テレビ窓口に申請しに来ているのが本人かどうかの確認の為の本人確認、編集部の場合は運転免許証になります。学生の方は学生証も必要とありますが、三菱UFJ銀行カードローンでは現在学生は申し込めませんので、テレビ窓口での修正が済んでいないようです。

 

 

三菱UFJ銀行カードローンの規定集を取って読んで保管しておいてくださいと言う案内です。ここでは右側に棚にありますので取って保管しておきます。

 

 

実際はこの規定集を読んでこの画面で同意しなければなりませんので、本来はこの規定集は熟読しなければなりません。編集部では飛ばしてしまいましたが、実際はこんなの読んでたら30分ではカード発行終わらないですよね。

 

 

規定集で同意した事を書面で同意しなければなりません。しばらく待って机の上部にある部分から同意書が出てきますので取り出し、熟読してサインします。

 

 

続いて三菱UFJ銀行カードローン『バンクイック』の申込書が出てきますので、これも記入していきます。

 

 

ここでテレビ窓口左についている電話を取ってくださいと案内があるので取ると、コールセンターのオペレーターからこれからの進め方の手順の案内がされます。

 

 

編集部の場合は運転免許証ですから、裏表をスキャンして、上部のカメラでコールセンターの方で顔の確認をします。

 

 

オペレーターの案内に沿って、同意書と三菱UFJ銀行カードローン申込書をスキャンします。ここで一旦電話を置いてしばらく待ちます。

 

 

5分ほど経って、再度受話器を取るように案内があります。オペレーターの案内通りに借入目的を伝えると向こうの方で手動でチェックが入ります。

 

 

三菱UFJ銀行カードローンの暗証番号を決めます。

 

 

申込内容の確認が済んだら、申込用紙を今度は提出します。提出したら今度はバンクイックの利用ガイドを取って読んでおいてださいと案内がありますので棚から取ります。

 

 

提出したままの三菱UFJ銀行カードローンの申込書控えが印刷されますので保管します。

 

 

続いてカード発行の案内が印刷されます。ここにはあとでカード裏に書く口座番号や借入枠・適用金利などが書いてある重要書類になりますのでしっかり保管しておきましょう。

 

 

カードが発行されたら先ほどのカード発行の案内に書かれている口座番号と、名前を記入して完了です。

 

 

最後にアンケートが出てきますが面倒なので終了。しっかり終了したことが確認できたら部屋を出ましょう。ここまでで時刻は17:39、17:15から始めた三菱UFJ銀行カードローン『バンクイック』のカード発行は編集部の場合約24分で完了した事になります。お疲れ様でした。

 

なおこの体験談は丸二日掛かりで作成したものです。編集部に画像・文章の著作権があり、編集部の許可なく画像の利用・文章の利用は禁止します。